タイキビーフカレー(taiki_beef_curry)のカレーブログ🍛

福岡在住。カレー屋だけでなく洋食屋やカフェ、中華屋、ホテルまでありとあらゆるカレー屋を求め、全国を駆け巡るカレーリーマン。カレーの世界は奥深い。いつかはカレーを仕事にしたい。

福岡市南区玉川町「キャンチョメ102」

この週のキャンチョメさんには〝あれ〟がある!!

予約で完売の人気度合い!

ちっちゃい看板が可愛い。

【創作カツカレー(焼き飯編)】

トンカツには山椒ネギソース。

焼き飯に鎮座する150gのでっかいトンカツ。

肉厚でカラッとジューシー。甘い身質。

山椒ネギソースはすっきりした味わいで、

トンカツと合わさることで味変的にも。

湯むきトマトフェンネルもええ仕事してる。

奥にいるのは、焦がしニンニク漬け赤タマネギのピクルス。

揚げた茄子ってなんでこんな美味しいんやろ〜

油との相性がすごいよくて、とろとろじゅわーなやつです。

ホワイトピンクが断面美。

ミントとキーマのペーストを使ったクミン焼き飯。

随所に散りばめられるハーブ使い。

肉肉しいキーマペーストに、

爽やかなミントがほのかに香る。

口に入れると広がるクミンの香り。

シャバ系五香粉ルーが焼き飯に染み込んでいく。


たまたま遭遇した福岡カレーファイター(1日に8杯ぐらい食べるすごい人)と余韻を楽しんでいると、

食べたくて食べたくて、しかし食べ逃してしまった【THE 欧風カツカレー】の話題に。

少しだけありますよ。との店主の一言に歓喜

【THE 欧風カツカレー】

やったー!

カツカレー2杯目は人生初めてかも!

とんかつとカレールーの相性がいい。

これはカツカレー好きが作るカツカレーである。

味のベースとなるブイヨン?やフォンドボー?を取るところからじっくり時間をかけて作られた一皿。

残り物には福がある。

追熟が進み、脂が馴染んで?格別な美味しさ。

カツカレーは難しい料理だと思う。

カレー屋のカツカレーはカツが残念だったり、

カツ屋のカツカレーはカレーが残念だったり。

関西圏のカレーを徹底的に取り入れるキャンチョメさんだからこそ、

関西的ビーフカレーに、スパイスのアクセント。

地場産の豚肉を使った揚げたてのトンカツ。

王道の福神漬けやらっきょうの必要性もわかる。

次作るのは5年後と言っていましたが、

個人的には年に一回、いや半年に一回、いや月一回ぐらい作ってほしいと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
住所;福岡県福岡市南区玉川町2-16
ランチ;11:30-14:00lo
ディナー;18:00-21:00lo
定休日;火曜日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
👇私のInstagram👇
Login • Instagram
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★鹿児島おすすめカレー店💁‍♂️

鹿児島市内のカレー店。真空冷凍パックで全国発送もされています。
伝統的なインドカレーをベースに、様々な国の料理や調理法から受けたインスピレーションを
カレーに落とし込んでいくのが「Onz Curry」のスタイルです。
👇「Onz Curry」Instagram👇
Login • Instagram

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★福岡のみならず全国のカレーを食べ歩く「モンちゃん」のブログ💁‍♂️
大阪➡︎福岡カレーステーション

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★全国でも滅多にない、福岡・北九州で食べられるドロワットを月一営業の間借りカレー屋「のづcurry」のブログ💁‍♂️
のづカレー